森のようちえんとは


身近な自然の中でありのままの子どもたちを保育する方法や集団、
そのような保育活動を称します。
デンマークの一人のお母さんが近所の子を森で保育したことからはじまり、
このスタイルが効果を上げ、ドイツに広がり、そして世界に広がりました。

日本では自然環境の中での幼児教育や保育の総称を森のようちえんと呼んでいます。

「森のようちえん」は、自然の中で子どもたちがやりたいことをやることにより、
子どもたちが持つ「育つ」力を引き出す保育スタイル。
子どもが感じるものや体験することに寄り添い、見守り、共感することにより、
大人から言われて行動するのではなく、
自分の力で考えて物事に取り組んでいく力を育むことを目的としています。

森とはいわゆる森だけでなく、海や川や野山、里山、畑、都市公園など、
広義にとらえた自然体験をするフィールドを指しています。

しかし大事なのは、環境そのもの以上に『大人の姿勢』。

子どもが何をしようとしているのか興味を持って見守り、
その遊びが膨らむような声がけをしてあげること。
大人が思うようにコントロールするのではなく、
子どもがやりたいことをするための最善の方法を投げかけてあげること。

******************************
じゃんぐる☆ぽっけも、そんな関わりができるよう
森のようちえんネットワークの団体会員としてネットワークに参加し、
メンバーみんなと知識や学びの共有をしていきたいと思っています。
******************************

「森のようちえん」でいう「ようちえん」とは一般的な幼稚園をさしているのではなく、
保育園、幼稚園、学童保育、自主保育、自然学校、育児サークル、子育てサロン・ひろば等、
そこに通う0歳から概ね7歳ぐらいまでの乳児・幼少期の子ども達を対象とした
自然体験活動全般をさしています。
主に幼児期の子ども達を保育する場所であることがわかるように
「森のようちえん全国ネットワーク」では
ひらがな表記で「森のようちえん」という表記しています。



詳しくは「森のようちえん全国ネットワーク」HPをご参照下さい。

スポンサーサイト
プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク