卒えん生

小学校運動会の振替日を利用して、卒えん生たちが遊びに来てくれました。

賑やかな雰囲気でお散歩スタート。

小学生たちが「ようちえんの子たち、集まって〜〜〜」と号令。

なんだろ?何が始まるんだろう?と大人たちは小学生の行動にドキドキ。

小学生メンバーとようちえんメンバーが向き合う場面。

チカラ関係を再確認させるような雰囲気が漂っておりました。笑



今日は俺たちが仕切るぜ!!!



小学生の堂々とした態度が頼もしい。


IMG_0185_convert_20160930223321.jpg


それとは反対に、面白くない感情を持つようちえんメンバー。
特にメンズ年長2人。


俺たちのフィールドなのに!!!


きっとそんな気持ちだったんだと思います。たぶん。
口に出しては言えませんが。

結局、お散歩は小学生とは一緒に歩きませんでした。笑

去年まで一緒に歩いたお兄さん、お姉さんたちと遊べることは、それは嬉しいことだろうと勝手に想像をしていましたが、子どもの心は大人とは違うんだなぁと、感じました。




久しぶりに森に帰ってきた卒えん生たち。
「〇〇までのルートや秘密基地のこと、覚えてる?」って聞いたら、「忘れちゃった」って。
けれど、歩き出したら体が覚えているようで、走る走る走る!

体は大きくなっていても、リュックを背負って歩く後ろ姿、ちょっとした仕草や、笑顔が当時を思い出させます。

正義感の強いところ、年下の子の面倒を見てくれるところ、おしゃべりが止まらないところ、怒りん坊なところも変わらない。

なんだか変わっていないところが嬉しい。




小学生がいろいろな種類の秋の実を集めてお店やさんごっこを始めました。

お買い物するにはどんぐりが必要とのこと。

どんぐりがたくさん置いてあるところもあって、そこは両替所のようです。

どうやってどんぐりをもらえるかというと、物々交換。

かっこいい木の棒や、綺麗な石でないと、どんぐりはもらえません。

ようちえんメンバーも一生懸命に物々交換となるものを探しては、どんぐりに変えてもらっていました。
(この頃にようやく垣根を超えて遊び始めました。一安心)

IMG_0196_convert_20160930223503.jpg


帰りの会の絵本の読み聞かせ。
小学生の女の子が読んでくれました!
ありがとうね。
IMG_0201_convert_20160930223600.jpg


卒えん生との再会、そして一緒に過ごせた一日は楽しい思い出になりました。

ようちえんメンバーにとっても、いろんな刺激をもらった一日。

また、卒えん生の楽しそうに遊ぶ姿が、見ていて嬉しかった!
森を離れても、帰ってこればすぐに遊びが始まる。
みんなすごくいい表情でした。

来年の今頃は、こうやって卒えん生として遊びにくるのかなぁと年長児母としては姿を重ねてみたりして。。。

いつでも遊びに帰ってこられる場所があるって素敵なことだなぁ。

(文、写真:S)



スポンサーサイト

月末説明会あります

説明会9/30(金)10時半~12時まで、13時頃まで質疑応答など座談会

IMG_9346_convert_20160816104001.jpg

ようちえん入えん対象者だけでなく、未就園児親子の方、自主保育に興味のある方、これから立ち上げようと思っている人も是非。
どうしてこの活動をしたいのか・・・
なんの為にするのか・・・
イメージがあるとより充実して楽しめると思います。
在会メンバーも大歓迎。

森のようちえんやじゃん☆ぽけの魅力に迫ります。
(後ろの方に子どもさんと過ごせるようにプレイエリアを作りたいと思います。)

子育てを楽しみたい!
子どもと青春したい!
自分も子ども時代に戻ってやってみたいことがある!
そんな親子を応援しています。

『じゃん☆ぽけ』は子どもだけでなく、大人も参加する大家族の様な森のようちえんです。

【ちび☆ぽけ(未就園児クラス)。】
4月から、週2コース再開しています。
(おススメは週2コースです。週1コースもありますよ。)
ぐっと子ども関わりが増して、魅力がアップしますよ~。
2学期から、一緒にはじめませんか?

【ようちえん】
がっつりじゃん☆ぽけに通ってくれる親子さんを大募集しつつ・・・
最近、毎年、一学期は一時帰国の親子の皆さんや里帰り出産の皆さんなど
一時参加の皆さんも受け入れていて一緒にいろんな体験をさせてもらっています。
それから、お母さんの仕事の関係などで、他園に通いつつ・・・
月に1回~4回参加している親子さんもみえます。
他園に通いつつ、森のようちえんで青春することを夢みている親子さんがみえましたら是非!!
(遠くは愛知県の北西部から通いにきていた親子さんもみえました。)

専業主婦も、仕事両立派も、がむしゃら仕事派も・・・
親子で今しかない親子時間を一緒に楽しみたい人なら誰でも大歓迎。


*************************

≪説明会のご案内≫

日時:9/30(金)10時半頃~12時半頃
(お子さんが2人、3人で参加しているメンバーがみえたり、小さいお子さんもいる母親達で運営している小さな森のようちえんです。ご理解ご協力ヨロシクお願いします。)


お申込み・お問い合わせはこちらまで
morinojanpoke@gmail.com(林)
以下の必要事項を添えてヨロシクお願いします。

※場所など詳細はお申し込み頂いた方にお知らせします。


<必要事項>
メールの件名に『9月説明会申し込み』
本文に、
1.参加者全員のお名前(ふりがな)(お母さん、お子さんetc)
2.お子さんの月齢(何歳何か月)
3.簡単なご住所(何市 何町)
4.携帯の電話番号、アドレス(なければ自宅番号)
5.説明会のご参加ははじめてですか?

※安全管理・連絡ミスを防ぐ観点からお友だちと参加される場合も、必ず1組ずつそれぞれにお申し込みください。

※なお 携帯からのお申込みメールの場合、こちらのパソコンから差し上げるメールが受信拒否の設定になっている方があり、ご案内がお手元の携帯でエラーとなり届かない場合があります。上記のアドレスを受信可能の設定にしてから、お申込みくださいますようお願いします。


*************************
(いっちゃん)


会話の盗み聞き

今年はアキグミが豊作です。

IMG_0058_convert_20160916225555.jpg


たわわに実っている赤い実に子どもたちは大興奮。

そのまま食べると酸味や渋味が強いけど、ジャムにしたら美味しいそうです。




さて、お散歩中の子どもたちの会話を盗み聞き。

目的地までもう少しというところでのシーン
IMG_0075_convert_20160916225824.jpg

年少Keくん「リュックが重たいよー。疲れたよー。」とリュックを下ろしてしまう。
年長Kaくん「しょうがないなぁ。」と年少Keくんのリュックをごぞごぞ。
着替えを取り出して、「持ってあげるね」と。
年少Keくん「持っていいよ!」
年長Kaくん「、、、、、」
年長Soくん「持っていいよじゃねぇよ!」
年長Kaくん「どう?軽くなったでしょ」
年少Keくん「うん、ありがとう!」




砂のかけあいが激しくなってきて、目に入ると危ないので、
もう少し優しくやろうね!と大人が声をかけたところ、、、。
IMG_0082_convert_20160916225908.jpg


ケンカ友達の2人の会話。
年中Miくん「優しくかけてるでしょ。」と砂を全身にスリスリ。
年少Keくん「うん、そうだね。優しいね」


大人の存在を消して、子どもの会話に耳を傾けていると、子どもの世界は本当に面白いです。


(文、写真:S)

ハッスルタイム

朝の会をはじめる前の10分間ほどの時間を、
体を動かして遊ぶ時間に当てています。

その時間を通称〝ハッスルタイム〟と呼んでいます。

さて、今日のハッスルはというと。

宝探しゲーム、だそう。

しかも、そのお宝が、栗。

(栗のイガの写真ですみません。。。)
IMG_0050_convert_20160916224034.jpg


おおぞら(年長)さんが、拾った栗を使って、栗探しをするそうです。

これはおもしろい提案!
さあ、始めようか!というところで。

おおぞらのSoくんが、少し心配そうな顔。
「やっぱり宝さがしはやりたくない。」
「だって、栗が取られちゃうから。。。」

そうだよね。自分で拾った栗だもんね。

じゃ、探し出した栗は、ちゃんとおおぞらさんたちに返すってことで
どーお?との話し合いの末、ゲームスタート。

わかばさん(年中)、どんぐりさん(年少)がドキドキしながら栗を探します。

おおぞらさんたちはニヤニヤ。

次々に栗は発見されましたが、まだニヤニヤしてるおおぞらKaくん。
なんと自分の帽子の中に栗を隠しておりました!笑

やっぱり栗はお宝。。。




子どもたちに、「今日のハッスルは何をする?」と聞きます。

毎朝子どもたち自身が何をして遊ぶかを決めます。

意見が分かれれば、相談して決めます。
やりたくない気分の子は、ただ見ているのもOK。
木登りしたい子は自由にのんびり木登りしています。

ただただ、走りまわっている日もあります。
鬼ごっこをする日もあります。
靴飛ばしや、かくれんぼ、ロープを使っての大縄跳び。
いろんな遊びが子ども発信で出てきます。

朝からワクワクドキドキを大切にしています。

(文、写真:S)







感謝

3年ほど保育スタッフとして、じゃんぽけに来てくれたKちゃんが、
卒業することになりました。

スタッフKちゃんの気づき、アドバイス、我が子ではなかなか気づく
ことのできない子どもの良いところなど、たくさんの温かい言葉をもらいました。

自主保育をする母たちにとって、スタッフとしてのKちゃんの存在は、
とてもとても大きな助けとなっていました。

もちろん、子どもたちにとっても。。。

全力で甘えることのできる、大好きなKちゃん。
Kちゃんの来る日はみんな本当に楽しみにしていたんです。

お別れはさみしい。
けれど、出会えたからこその、さみしさです。

IMG_0007_convert_20160910001600.jpg


この出会いに感謝感謝!

子どもたちを本当に可愛がってくれてありがとう。
たくさんの愛をありがとう。
じゃんぽけに来てくれてありがとう。

新しいステージでのさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

また遊びに来てね!!!


(文、写真:S)


2学期スタート

森に子どもたちの笑顔と元気な声がかえってきました。

2学期スタートはバーベキュー!

雨が降ったりやんだりのお天気でしたが、心配無用。
雨の中の野外炊事も手馴れたもので、手際と段取りの良さはさすが。

夏の雨はシャワー感覚。
子どもも大人も楽しんじゃってます!

IMG_9825_convert_20160909223737.jpg



久しぶりに会う仲間たち。
みんなちょっと日焼けしていて、身長がぐっと伸びた子、
がっしりした子などなど、なんだかたくましくなった感じです。

親子みんなで朝からワイワイバーベキューを楽しみました。

IMG_9820_convert_20160909223954.jpg

IMG_9829_convert_20160909224337.jpg

IMG_9836_convert_20160909224117.jpg



子どもたちが、緑色のどんぐりを拾っていました。
秋の気配を感じます。

2学期もどうぞよろしくお願いします。

(写真、文:S)




美濃焼こみち 2016 エントリーのお知らせ

東濃の『美濃焼きこみち2016』というイベントに、今年友人の勧めではじめてエントリーしてみました。
 
人知れず、今日から受付です。
 
で…
まだ告知とか何もしていなかったんですが、すでにけっこう申し込みが。!!(゜ロ゜ノ)ノ

二度見しました…。
ありがとうございます。

うちの森のようちえんのコンセプトは親子で楽しむ、大人も一緒に参加する大家族のような森のようちえんということです。

じっくり、一緒に関わらせて頂きたいので少人数での活動になります。

アットホームに秋の森を親子で楽しみたい方にはオススメできると思います。
 
一緒に秋の森を楽しみませんか?
 
プログラム番号85です。
みんなでお待ちしていまーす。(*´∀`)

230529700_org_convert_20160901181534.jpg


個人的に一年で一番大好きな時期が秋のシーズンです。
(どのシーズンも魅力満載なんですが・・・)
 
9月の体験会と説明会
こちらも絶賛受付中です。
 
説明会では、思わず親子で青春したくなるようなスライドもみたいと思います。
一度きりのこの子育て時期。
仲間と楽しみませんか?
 
(代表:いっちゃん)
プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク