木工教室

子どもたちお楽しみの木工教室の日。
椿さんをお招きし、木工体験を通して、トンカチやノコギリの練習です。


まずは、木の板に好きな絵をデザイン。
IMG_1337_convert_20170114145626.jpg


そのデザインに沿って、釘を打っていきます。
トンカチには、平な面と丸い面があること、どちらの面をどういうときに使ったらいいのか、
練習をしながら、教えてくれています。
IMG_1342_convert_20170114145515.jpg


さすがおおぞら(年長)さんたち、
細かく釘を打つことができるようになっています。

IMG_1351_convert_20170114145731.jpg


おおぞらさんたちの作品。
釘を何本打ったのでしょうか?
随分時間がかかりましたが、作品が出来上がるまで、椿さんも待っていてくれました。
そんな心使いがとても嬉しいです。

IMG_1353_convert_20170114145815.jpg



次はノコギリの練習。

IMG_1354_convert_20170114145857.jpg


みんなで切った木を組み合わせて、ロープで縛ったら、、、。
なんと、テントが出来上がりました!

IMG_1361_convert_20170114150029.jpg



最後に、、、。
おおぞらさんたちは、ナイフの練習です。

“ナイフ”はじゃんぽけからのクリスマスプレゼント🎶
歴代の年長がもらってきたナイフ。
今年のおおぞらさんたちも、この日を楽しみにしてきました。

IMG_1365_convert_20170114150112.jpg


ロープを切る練習。
なかなか椿さんのように、かっこよくスパッと切れない。
うーん、どうしてだろう???
ナイフの角度が大事だよ、と椿さんからアドバイス。

IMG_1367_convert_20170114150153.jpg


ナイフを動かすのではなく、木を引く。
これがなかなか難しい。

IMG_1372_convert_20170114150225.jpg


ナイフは危ないから気をつけて使ってね、と声をかけたら、

「危ないから楽しいんだよねー!」とニヤニヤ顔のおおぞらさんたち。

活動中にナイフを使用する場合は、必ず大人に声をかけてからという
約束のもと、ようやく手にすることができたナイフ。

おおぞらさんたちの世界が広がります。

(文、写真:S)
スポンサーサイト

遊びのけんか

けんか友達の年中MIくんと年少Keくん。

今日もなにやら絡み合っておりました。

それでも、それを見守る年長さんたちが一言。
「あれ、遊びのけんかだよ」

そうですか。
本人たちも一生懸命にけんかごっことしているようで。

IMG_1316_convert_20170114142522.jpg


時々、聞こえる会話。
「おい!つばを吐くのはなしだぞ!」
「かみつきはダメ」

激しく取っ組み合いをしながらも、ルールがあるようです。

IMG_1317_convert_20170114142437.jpg

30分くらい、追いかけたり、追いかけられたり、
取っ組み合いをしてみたり。
全力です。
IMG_1318_convert_20170114142604.jpg



手は出さない。口は出さない。
けど、目は離さないで、遊びのけんかを楽しく拝見させていただきました。


(文、写真:S)

このトキメキ・・・どう伝えたら?

代表の林です。

じゃん☆ぽけでも
『自己受容、他者信頼、貢献感』
を大切に、アドラー心理学を実践していきたいと活動・勉強中。

そちらのご縁で明日名古屋のイベントで
じゃん☆ぽけの写真展をさせてもらうことになりました。

イベント名は
『子育て応援♡勇気づけで広がる波紋〜今ここから始まる一歩~」

(アドラー心理学を学びぬくもりを届ける活動をしているメンバーが集まったチームHidamally主催のイベントです。)

ありのままのあなたでいいよ。
そこからはじまる勇気づけで広がる温もりの波紋。
それをチームでお届けできたらいいなぁ。


そのイベントの中で、じゃん☆ぽけが協力するのが

『ありのままのあなたでいい』
というテーマの写真展示。
(じゃん☆ぽけ卒業生母の伊東さや香ちゃんの写真を中心に)


『ありのままのあなたの美しさ』
この『トキメキ』…どう伝えたらいいだろう?

1480762345524_convert_20161204085737.jpg

232768123_org_convert_20161204085232.jpg

今回、写真という媒体を使って、ありのままの美しさ、素晴らしさをお届けしたいなと思っています。

じゃん☆ぽけをはじめた当初、子どもの写真ばかり撮っていました。
私も他のメンバーも・・・

IMG_3210_convert_20161204085801.jpg

でも・・・いつの間にか
『お母さんも、めっちゃいい顔してるやん!!』って気づいて・・・

今では、子どもの写真と同じように
子どもと一緒に自然体で過ごしている
お母さんの写真も取るようになりました。

さや香ちゃんがお母さんの写真もよくとってくれるから気づいたことかも‼

232027802_org_convert_20161204085502.jpg

ありのまま、信頼され過ごす子ども達の表情。
信頼して信頼されて過ごす大人の表情。

『ありのままで美しい』

230531185_org_convert_20161204085644.jpg

写真から伝わる勇気づけ…。
是非みに来てくださいね(*^^*)
協力してくれた『じゃん☆ぽけ』のみんな、ありがとうヾ(・◇・)ノ

当日参加、OKでーす。
明後日です。
ピンときた方がみえたら是非。
(午前だけでも午後だけでも途中参加でもいいですよー。託児はないですがお子さま連れもOK。)

肌で感じる、勇気づけ。
チームHidamallyでプロデュース。

12/5イベントの申し込み先→コチラ

(写真セレクト、文=(代表)いっちゃん)
プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク