つらら

朝一番に、池に張った氷の上をみんなで歩くことからおさんぽスタート。
すっ転んだり、氷が割れて、靴がビショビショになっちゃったりして。

IMG_1515_convert_20170129160824.jpg



おさんぽの向かう先は、つららスポット。
「つららあるかな〜」と楽しみにしていきましたら、、、


ありました!ありました!
今年も立派なつららが待っていてくれました。

冬になるとつららができるこの場所へ。
受けつがれている子どもたちの伝承スポット。

IMG_1528_convert_20170129161140.jpg


つららをとりたくて、クライミング。
どこまで上がっていっちゃうのぉ〜〜〜!!!
IMG_1530_convert_20170129161502.jpg


氷のライトセーバーをゲットするのだ!
IMG_1529_convert_20170129161241.jpg


服がドロドロベタベタ。
(母さん、洗濯がんばって〜)
IMG_1532_convert_20170129161623.jpg


不思議そうに、氷をのぞきこむどんぐり(年少)Moちゃん。
IMG_1516_convert_20170129160950.jpg


どんな味するかな〜と、食いしん坊のどんぐり(年少)Taくん。
IMG_1517_convert_20170129161031.jpg


氷は冷たい。
暖かい場所にあるととける。
水が氷になる。

大人からすると当たり前のことも、子どもたちにとっては不思議で新鮮な出会い。

その一つ一つの出会いを大切に、あそびの中で実体験を通して学んでいます。


IMG_1538_convert_20170129161751.jpg

(文、写真:S)
スポンサーサイト

冬のおさんぽ

「あ〜〜〜!!!」

何かを発見して、子どもたちが走っていきます。
リュックの熊鈴もリンリン鳴り響く。

IMG_1443_convert_20170129134058.jpg


池が氷になってる〜〜〜
目の前の大きな氷の出現にみんな見とれたと思ったら、、、。
IMG_1442_convert_20170129133859.jpg


近くに落ちている石や、どんぐり、松ぼっくりを池へ投げ込み始めました。
コロコロ転がったり、池に穴があいたり。

砂を投げたら、なんとも素敵な氷の音が返ってきます。
誰かが砂を投げて、みんなでその音を聞く。
コトバ、文字にはできない、自然の音。

IMG_1446_convert_20170129134159.jpg


霜柱を発見!
仲間を呼んで、みんなで観察。
IMG_1459_convert_20170129134241.jpg


霜柱のお団子で〜す。
なんだか、美味しそうね♪
IMG_1463_convert_20170129134319.jpg


寒い日が続いておりますが、子どもたちにとっては冬ならではのお楽しみがいっぱいです。

なんてことない遊びだけど、今しか感じられない自然とがっつり向き合っています。

砂を投げたら聞こえてきた、あの氷の音。

大人になって、また聞いたら
〝あの時聞いた音!〟
ってあの日にタイムスリップしないかなー。

それくらい、私は感動したんだけどな。

(写真、文:S)

3学期スタート

親子で楽しむ野外炊事のメニューのひとつ、「竹パン」

竹の空洞部分を利用して、簡単に野外でパンが焼けます。

火起こしは、おおぞら(年長)さんたちのお仕事。
蒔が燃え切っておき火状態になるまで、よく頑張ってくれました!

IMG_1388_convert_20170115231538.jpg



パン生地を竹に巻きつけます。

IMG_1392_convert_20170115231622.jpg



おき火の上に、パン生地を巻いた竹を置きます。
上下から全体に焼けるように、竹をクルクルクル。
表面が少し焦げてきたら、焼き上がり!

IMG_1399_convert_20170115231702.jpg


ちょっと焦げてるけど、焼きたてのパンのお味は最高です。
いい笑顔!

IMG_1407_convert_20170115231801.jpg


こんな原始的な体験。
母たちも童心に戻って、子どもたちと一緒に楽しんじゃってます。

さあ、3学期のスタートです!


(文、写真:S)

3学期スタート・竹パン

今日は雪がちらついていましたが、待ちに待った竹パンの日🎵
年長さんと年中さんが頑張って火をおこしてくれました✨
お外で食べる焼きたてパンは最高😍
写真のパンは竹ではなくウインナーに巻きつけてあります。
ウインナーパンも最高⤴⤴

15965406_996553763822051_140481177078457060_n_convert_20170222030651.jpg

16105877_996533667157394_8925484135741351611_n_convert_20170222030719.jpg


#ウインナーパン
#森のようちえん
#野外保育
#じゃんぐるぽっけ
#ちびぽけ
#野外炊事
#竹パン
#焼きたてパン
#ほかほか
#美味しい
#岐阜県
#土岐 #瑞浪
#メンバー募集中
(写真:文:=Sちゃん)






***************

2月・3月 体験可能日のご案内

***************

tag : #じゃんぐるぽっけ #森のようちえん #野外保育 #瑞浪 #土岐 #メンバー募集中

餅つき

明けましておめでとうございます。

じゃんぽけ新年の恒例行事、餅つきを行いました。
メンバーやその家族、OBのみんなも参加してくれて、多人数でのお餅つき。


244753503_org_convert_20170115235944.jpg


お父さんたちによるパワフルな餅つきと、細やかな作業で餅丸めを進めるお母さんたち。
上手に作業が分担されて、みんなイキイキとした表情で餅つきを楽しみました。

そして子どもたちのかわいい餅つきで、とっても美味しいお餅が出来上がりました!

244753646_org_convert_20170116000148.jpg


244753578_org_convert_20170116000031.jpg


244753667_org_convert_20170116000221.jpg


244753747_org_convert_20170116000303.jpg


244753445_org_convert_20170116000350.jpg


244753791_org_convert_20170116000421.jpg



新年から、メンバーの家族、OBのみんなにも支えられて活動ができていることを深く実感するとともに、
感謝の気持ちでいっぱいになりました。

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


(写真Sっち、文S)








プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク