宝物

代表の林です。

最近の私のテーマソングです。↓
しつこいぐらいにかけています(笑)
ひまわりの約束 LIVE

そんな『ひまわりの約束』をバックミュージックに読んで下さい♪

今日の活動の様子はSちゃんがわかりやすくまとめてくれました。
雨上がりのワクワク感
16864522_1025163464294414_2222630017737651671_n_convert_20170224031818.jpg

雨にも負ケズ
今日は一組の体験の方が、遠方から参加して下さいました。
共に過ごせた時間、ご縁に感謝。
紹介してくれたYちゃんありがとう!!


3学期。
寒さに耐え、縮こまった身体をグーンと伸ばすように・・・
子ども達がグッと成長する姿を見せてくれます。

今日のちび☆ぽけで、3歳児の3人がふとしたことをキッカケに
押しあいのケンカをはじめました。
ケンカの仕方が、大分ようちえん児っぽくなってきていて・・・
この一年の成長を感じ、思わず感激しました。
 
最初からみていなかったので、最初の流れはわからないのですが、
どちらかが、何か理由があって少し押したりしたことが発端のよう。
やり返し押しあいへ。
 
Y君、途中で心が折れそうだったけど・・・
昔みたいに簡単にはお母さんに助けてって言わないで
自分でその子と向き合っていた。
 
相手のT君も、少し前までお母さんとべったりで
そんなに周りの子に対して感情的になるような感じではなかった。
そういう気持ちがわくようになったんだね。
そうやって自分の意思や感情を相手に届けたいと
行動できるようになってきたんだね。
 
あぁ・・・
ほんとに大きくなったねぇ。


私的に、こういうタイミングの出来事を
『成長の花が咲いた瞬間』
と呼んでいるのですが、
今日、また一つ成長の花が咲いた瞬間に出会えました。
 
そこにいい味を出していたのがK君。
Y君、T君のやり合いの周りで
本当に嬉しそうに(笑)
二人が遊んでいると思って、
じゃれあいの仲間に入れて欲しいと
身体をナナメにして割り込んでみたり、
ちょっかい出してみたり・・・
 
この場面も本当に面白かったなぁ。
彼の純粋に楽しむ才能、どんどん伸びていって欲しいなぁ。

しばらく子ども達のグレーゾーンを懸命に生きる姿を
そばで見守った後
Y君の心が折れてきたので
大人がソッと介入しましたが・・・
(大人が入るタイミングは子ども達の年齢やその時そこにいるメンバー、雰囲気で決めます。)

とても素敵なシーンがみられました。

(こういう場面もどういう点で成長したと感じるのか、どこが感動したのか・・・
参加しているメンバーで話して、対話、共有していきたい。
これこそがこの活動の醍醐味なのです。)

それから、私たちの森のようちえんの特徴として
未就園児のちび☆ぽけとようちえんと
一緒に活動する日がある点があります。
 
未就園の子とようちえんの子との関わり方。
6年の間に色々積み重ねてきました。
 
その経験も踏まえ、そのタイミングのその子その子と向き合い
宝物の瞬間を積み重ねていきたい。
 
一見、宝物でないようにみえる瞬間。
見方を変えると宝物になる。


メンバーが集まることで
いろんな見方が生まれ、宝物と感じる瞬間が増えていく。

1487873293302_convert_20170224033033.jpg

『じゃんぐる☆ぽっけ』
という名前は
森の中で落ち葉や石、何気ないものを
キラキラ目を輝かせて
宝物のように慈しむ子ども達のように
何気ない子育て時代の宝物を
そっとメンバーみんなで温かい
ぽっけのように包み込む
そんな場所になったらいいなとつけました。

 
1487873598100_convert_20170224033214.jpg
靴下で泥水の中突っ込んでいったり・・・
水たまりに砂を入れて埋めたり・・・
そんな一瞬一瞬も
宝物。

仲間と共に見守れることに幸せを感じています。
 
もうすぐ開えん6年目が幕を下ろします。
(ヤバッ・・・うるっとしてきた。)

毎年毎年、別れは寂しいんだけど・・・
でも、
寂しさはそこに感動や素敵な時間を分かち合えたからこそ生まれるんだよね。
思いっきり、別れが惜しくて寂しくなるような素敵な時間を過ごそう!!

支えて下さった皆さん、ありがとうございました。
 
毎年、この時期にスライドショーや文集作りをしています。
今年はちび☆ぽけメンバーもようちえんのメンバーも全員参加することになりました。
夜な夜な少しづつ今年度の子ども達の成長を感じているかしら?
 
卒えんする時、卒会する時、仲間と宝物の時間を慈しみながら
感動しているイメージを抱きながら・・・
私も夜更かしをして文集、スライドショー作ろうっと。
出会ってくれたみんな、ありがとう!!
同じ時間を過ごせたことに感謝。
 
感動の想い出はお母さん達の陰ながらの撮影が
花を添えてくれます(笑)
1487873257873_convert_20170224033006.jpg

(写真:文=(代表)いっちゃん)(写真=Sちゃん)






***************

2月・3月 体験可能日のご案内
(※2月は終了いたしました。)
仲間募集中!!

***************
スポンサーサイト

雨上がりのワクワク感

今日は雨降り。
少し気分がどんよりして、「今日は雨だし休みたいなぁ」と思っていた母ですが、つく頃には雨も上がり、楽しくお散歩できました🎵
お弁当のあとは、色水で折り染めをしました。
好きな色をつけ、どんな模様になっているか開く時のワクワク感が大好きです💕
1日楽しく過ごし、やっぱり今日も来てよかったなぁと満たされて帰りました😁
16864522_1025163464294414_2222630017737651671_n_convert_20170224031818.jpg

#森のようちえん
#野外保育
#じゃんぐるぽっけ
#ちびぽけ
#雨降り #お散歩
#色水 #折り染め
#カラフル #模様
#岐阜県 #土岐 #瑞浪
#メンバー募集中

(写真:文=Sちゃん)






***************

2月・3月 体験可能日のご案内

***************

2月3月の体験可能日のご案内

FB_IMG_1487648545572_convert_20170222013429.jpg

子育てを楽しみたい!
子どもと青春したい!
自分も子ども時代に戻ってやってみたいことがある!
そんな親子を応援し、支えたい!!

親、子、もともと持った良さを引き出しながら一緒に成長していけたら。
『じゃん☆ぽけ』は子どもだけでなく、大人も参加する大家族の様な森のようちえんです。

もうすぐ年度末。
今、森では、絆が深まって、それぞれの学年の育ちの総まとめ。
それぞれ、巣立つ親子もいて、残された日々を共に感じ、名残り惜しく過ごしています。

さて・・・。
この瞬きするのも惜しい、貴重な時期に・・・
4月以降一緒に活動してくれる仲間と出会いたく体験可能日をお知らせします。

ようちえん(ようちえん親子)、ちび☆ぽけ(未就園児親子)どちらでも。
(ただし、ようちえんは入えんは4月以降でお願いしたいと思います。)

ようちえんはがっつりじゃん☆ぽけに通ってくれる親子さんを大募集しつつ・・・
最近、毎年、一学期は一時帰国の親子の皆さんや里帰り出産の皆さんなど
一時参加の皆さんも受け入れていて一緒にいろんな体験をさせてもらっています。
それから、お母さんの仕事の関係などで、他園に通いつつ・・・
月に1回~4回参加している親子さんもみえます。
森のようちえんで青春することを夢みている親子さんがみえましたら是非!!
(遠くは愛知県の北西部から通いにきていた親子さんもみえました。)

一緒にかけがえのない想い出つくりませんか?


ひゃっほーーー!!
じゃん☆ぽけで青春しようぜ!!


**************************

≪『一日体験』のご案内≫
   
   
日   時:2月23日(木曜日)、3月9日(木曜日)
      少しパラつく程度の雨の場合は決行。
       ざぁざぁの場合は中止。
      
(お子さんが2人、3人で参加しているメンバーがみえたり、小さいお子さんもいる母親達で運営している小さな森のようちえんです。無理のないように実施を決定します。ご理解ご協力ヨロシクお願いします。)


時   間:(ちび☆ぽけ)10時半~13時半
       (ようちえん)10時~14時


参 加 費:1家族500円
(お子さんの安全管理は各自親御さんでよろしくお願いします。万が一の事故の場合は保険の補償の範囲内での対応とさせていただきます。ご了承の上お申し込み下さい。よろしくお願いいたします。)

ちび☆ぽけの方は2回目以降の参加もOKです。
3回目から参加費1家族1000円/dayになります♪
体験会のリピーターもお待ちしています。


内   容:おさんぽ、手遊び、絵本等
(まったり、ほっこり、おしゃべりしたり楽しい時間を過ごして頂けたらなと思っています。)


お申込み・お問い合わせはこちらまで
morinojanpoke@gmail.com(林)
以下の必要事項を添えてヨロシクお願いします。

※場所など詳細はお申し込み頂いた方にお知らせします。


<必要事項>
メールの件名に『2月or3月「一日体験」申し込み』
本文に、
1.参加者全員のお名前(ふりがな)(お母さん、お子さんetc)
2.お子さんの月齢(何歳何か月)
3.簡単なご住所(何市 何町)
4.携帯の電話番号、アドレス(なければ自宅番号)
5.『ちび☆ぽけ』と『ようちえん』どちらに参加希望か
6.何回目の体験会参加か

※安全管理・連絡ミスを防ぐ観点からお友だちと参加される場合も、必ず1組ずつそれぞれにお申し込みください。

※なお 携帯からのお申込みメールの場合、こちらのパソコンから差し上げるメールが受信拒否の設定になっている方があり、ご案内がお手元の携帯でエラーとなり届かない場合があります。上記のアドレスを受信可能の設定にしてから、お申込みくださいますようお願いします。
(文=(代表)いっちゃん、写真=Sちゃん)

畑day

今日は畑活動。
聖護院大根を収穫させてもらいました😁
寒かったけど、走り回って元気に過ごしました🎵
16602804_1013745332102894_3883467090912431125_n_convert_20170222025744.jpg

#森のようちえん
#野外保育
#じゃんぐるぽっけ
#ちびぽけ
#雨上がり
#畑
#薪拾い
#大根
#聖護院大根
#南天の実
#かえるのたまご
#岐阜県 #土岐 #瑞浪

(写真:文=Sちゃん)



***************

2月・3月 体験可能日のご案内

***************

tag : #じゃんぐるぽっけ #森のようちえん #野外保育 #メンバー募集中 #土岐 #瑞浪 #岐阜県

節分・鬼退治

出たぁ〜〜〜!!!
森の中から、突然鬼が現れた。
奇襲攻撃に、子どもたち、騒然。

IMG_1584_convert_20170203233153.jpg



青鬼「悪い子はどこだーーー?」
IMG_1586_convert_20170203233527.jpg


ボス赤鬼
IMG_1587_convert_20170203233653.jpg


こわいよね。
IMG_1599_convert_20170203233847.jpg



リアル緑鬼
IMG_1588_convert_20170203233737.jpg


大人だってこわいよ。
IMG_1598_convert_20170203234025.jpg


年齢ごとに感じ方が違うようで、ちびぽけさんは、全員大泣き。
お母さんに抱っこ。
ぴったりくっついて離れない。


ボス赤鬼 VS おおぞら(年長)Kaくん
IMG_1593_convert_20170203234130.jpg


IMG_1595_convert_20170203234246.jpg

小さい子たちを守るべく、鬼たちに勇敢に立ち向かう姿は、さすが!
豆の補充をしながら、一生懸命に鬼退治をしてくれました。


鬼「参りましたぁ〜」
IMG_1592_convert_20170203234355.jpg


仲直りの儀式、じゃんぽけで密かにブームの恋ダンス。。。
〝鬼たち超えていけ〜〜〜♪〟
IMG_1605_convert_20170203234501.jpg


そして、くたびれた鬼たちは鬼が島へ帰って行きました。
IMG_1611_convert_20170203234813.jpg


ちょっとこわい豆まきについて。
やってみるとものすごく親子の絆が深まり、仲間の絆も深まり、成長を感じられる機会。
今年すぐに泣いていた子が、来年は泣くタイミングが遅くなり、少し豆まきできるようになって、
年長さんになる頃には仲間を守るために怖さを超えて頑張るようになります。

子どもたちやお母さんたちのいろんな表情が面白かった節分の日。


今年一年、「福は内、鬼は外」
母ちゃんたち、本気になると、怖いです。
IMG_1609_convert_20170203234702.jpg



(文、いっちゃん S:写真、S)






プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク