カッパは着たい (が…)

朝から梅雨のような蒸し暑い日のお散歩。
雨予報だったからリュックにはカッパが入っている。
年少男子SoとKaはお散歩開始早々晴れているのにカッパを着だす。
年中男子Koが上着のフードをひょうきんに着こなしていたのがうらやましかったのだろう。
2人はフードまでしっかり被りカッパ姿で上機嫌に歩く。
が、だんだん2人だけ顔が真っ赤に…。
やたらにお茶休憩が入る…。
雨にでもうたれたかのように髪から汗がしたたる…。
「なんでKaとSoだけびしょびしょなんだろね~?」(私)
せっかく「脱いだら楽よ」と誘導してあげたのに全くのってこない。
終盤、通行止めで足が止まる。
「脱ぎたい…。」ついにギブアップだ。
カッパを着ているから暑いということにようやく気がついたのか?
いやいや、わかっちゃいるけどやっぱりカッパが着たかったのか?
RIMG0033_convert_20141005230154.jpg

自虐の暑さから解放され、電車大連結でガタンゴトン一気にスピードアップ♪
RIMG0037_convert_20141002001210.jpg




文・写真 : ようちゃん

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク