一学期を終えて

本日、一学期最終日。

あっという間に過ぎてしまった一学期。

どんぐり(年少)さんにとっては、〝ようちえんに行く〟ということ自体が大冒険。
お母さんと離れて過ごす時間が寂しくなって涙を見せることもあったけど、
少しずつ自分の居場所を見つけられるようになって、集団生活を楽しんでくれるように
なってきました。
じゃん☆ぽけが安心して過ごせる場所だって思ってくれたら、それだけで充分な一学期。

わかば(年中)、おおぞら(年長)さんの進級組。
それぞれの成長が、子ども同士の関係性や自然との関わりを豊かにしていって、
春に比べると子どもの主体的な遊びがどんどんと広がって深まりを増していきました。
遊びの力がぐぅーんと伸びた一学期。

母たちにとっての一学期は?

新メンバーになって、とにかく走りきった一学期でした。

自然の中で子育てをしたい!という気持ちで集まった母たちです。
春の出会いから、いろいろな洗礼がありましたが、
その都度、振り返る時間を共有して、話し合って、迷って、泣いて、
笑って、全員でやってきました。
子どもたちの成長に負けないくらい、母たちもいろいろと学んで
成長しました!

ゆっくりではありますが、じゃん☆ぽけ保育は進化(深化)している
手ごたえを感じています。

明日から夏休みが始まります。
一学期が無事に終えられたことに感謝しながら、ゆっくりと親子で夏休みを
楽しみたいと思います。


一学期最終日の子どもたち♪


カミキリムシVSキマワリ
IMG_9335_convert_20160816103503.jpg

みんなで観察
IMG_9336_convert_20160816103356.jpg


丸太が坂の下に転がってしまった!
困っている年中Miくんを見て、
俺たちに任せとけーーの年長KaくんとSoくん。
IMG_9338_convert_20160816103635.jpg


3人で力を合わせる
IMG_9337_convert_20160816103803.jpg



楽しい手遊びの時間
IMG_9346_convert_20160816104001.jpg

(文・写真:S)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク