木工教室

子どもたちお楽しみの木工教室の日。
椿さんをお招きし、木工体験を通して、トンカチやノコギリの練習です。


まずは、木の板に好きな絵をデザイン。
IMG_1337_convert_20170114145626.jpg


そのデザインに沿って、釘を打っていきます。
トンカチには、平な面と丸い面があること、どちらの面をどういうときに使ったらいいのか、
練習をしながら、教えてくれています。
IMG_1342_convert_20170114145515.jpg


さすがおおぞら(年長)さんたち、
細かく釘を打つことができるようになっています。

IMG_1351_convert_20170114145731.jpg


おおぞらさんたちの作品。
釘を何本打ったのでしょうか?
随分時間がかかりましたが、作品が出来上がるまで、椿さんも待っていてくれました。
そんな心使いがとても嬉しいです。

IMG_1353_convert_20170114145815.jpg



次はノコギリの練習。

IMG_1354_convert_20170114145857.jpg


みんなで切った木を組み合わせて、ロープで縛ったら、、、。
なんと、テントが出来上がりました!

IMG_1361_convert_20170114150029.jpg



最後に、、、。
おおぞらさんたちは、ナイフの練習です。

“ナイフ”はじゃんぽけからのクリスマスプレゼント🎶
歴代の年長がもらってきたナイフ。
今年のおおぞらさんたちも、この日を楽しみにしてきました。

IMG_1365_convert_20170114150112.jpg


ロープを切る練習。
なかなか椿さんのように、かっこよくスパッと切れない。
うーん、どうしてだろう???
ナイフの角度が大事だよ、と椿さんからアドバイス。

IMG_1367_convert_20170114150153.jpg


ナイフを動かすのではなく、木を引く。
これがなかなか難しい。

IMG_1372_convert_20170114150225.jpg


ナイフは危ないから気をつけて使ってね、と声をかけたら、

「危ないから楽しいんだよねー!」とニヤニヤ顔のおおぞらさんたち。

活動中にナイフを使用する場合は、必ず大人に声をかけてからという
約束のもと、ようやく手にすることができたナイフ。

おおぞらさんたちの世界が広がります。

(文、写真:S)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク