展望台を目指して

最近、元気が有り余っている様子の子どもたち。

そこで今日は子どもたちをへとへとにさせてやろうと母たちが企てました。
子どもたちに提案したお散歩コースは、山の頂上、展望台。

初めてのコースに子どもたちの足取りはいつになく弾みます。
母たちも子どもたちと同様、ワクワク胸を躍らせながらのお散歩。
IMG_3931_convert_20141018005758.jpg




登ったり下ったりを繰り返して、ようやく着いた展望台。
がんばったご褒美に。。。
展望台からのこの景色です!
IMG_3944_convert_20141018010154.jpg






さて、お昼タイム。
年少Sくんの口のまわりに何やら白いものがついています。笑
それをみたみんなが、
「あ、おひげがついてるよー。」
「おじさんみたーい。」
「サンタクロースだ!」
ってワイワイがやがや。
IMG_3936_convert_20141018005918.jpg




そしたら年中Kちゃんが、空を指さして、
「サンタクロースがきたよー!」
IMG_3937_convert_20141018010026.jpg




雲のサンタクロース、見えますか?


帰り道、人形劇ならぬ、木の枝劇をはじめた年中Aちゃんとそれを手伝う年少Kくん。
IMG_3953_convert_20141018010244.jpg



演目「桃太郎」らしい。
お客さんからチケットを確認するところから始まって(芸が細かい)
どんぶらこ、どんぶらこ、話は続き鬼退治をして終了。
拍手喝采。

さ、そろそろ帰りましょうか?と結局へとへとになったのは母たちなのでした。

そして子どもたちはいつも通り元気なのでした。

(写真・文:Sちゃん)







にほんブログ村 子育てブログ 自主保育へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

morinoyoutienjanpoke

Author:morinoyoutienjanpoke
FC2ブログへようこそ!

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。


デンマークのお母さんが、自分の子どもとお隣の子どもを
森の中で保育したのがはじまりだと言われている「森のようちえん」。

園舎を持たず森の中で育つ育児スタイルが効果をあげ、
ドイツへ広がり、そして日本でも・・・。

日本全国、たくさんの様々なスタイルの
「森のようちえん」が生まれ活動をしています。

そんな「森のようちえん」で一緒に思い出つくりませんか?


--------------------じゃんぐる☆ぽっけ--------------------
言いだしっぺの代表が
2008年、テレビでドイツの森のようちえんの特集を見て感銘を受け、
ネットで森のようちえんを検索。
市外の森のようちえん未就園児クラスに参加。
そこで、
『こども達の眼の輝き』
『仲間と子育てをする楽しさ』
『森のようちえんに関わる大人の子どもへのまなざし』
『自然の中で保育することの可能性』に触れ、
森のようちえんが大好きになり、
娘の卒業を期に、地域に根差した
「森のようちえん」を作りたいと立ち上げた野外保育グループです。

2010年から地域で仲間を募り始め、
森や野外、自然の中で子育てしたい親子が集まり
2011年4月から森のようちえんとして通年型の活動を始めました。
こんな幼児期の体験を大切にして子育て、自分育ちしたいなと
願う親子で活動している
小さな手づくりの大家族のような「森のようちえん」です。

--------------------------------------------------

一緒に、親子で森にでかけてみませんか?


≪『じゃん☆ぽけ』Facebook グループページはコチラ≫

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク